ウェディングの専門学校に通って良かった事や、なぜウェディングの専門学校を選んだのか。就職後の努力をしたこと。

ウェディングの専門学校の選び方
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
ウェディングの専門学校の選び方

ウェディングの専門学校に通って良かったこと

ウェディングの世界って、誰もが憧れを持つ世界だと思います。結婚式は華やかで、料理も美味しく、スタッフさんはテキパキ、そしてニコニコ。すごく楽しく働いている。幸せをもらえる仕事。そして幸せのお手伝いが出来る、とっても良い仕事。そんな雰囲気に憧れて、ウェディングの専門学校に通った方・これから通おうと思っている方は多いのではないでしょうか?私の友だちが実際にウェディングの専門学校に通っており、卒業後、今でも現役で働いております。お友だちと会う機会があると、たくさんの仕事の話をしてくれます。もちろん、個人情報を漏らす事はありませんよ。そんな彼女の体験談を、皆様にお伝え出来たらと思います。やはり、友だちも冒頭に書いた、華やかで夢のある世界に憧れて、ウェディングの専門学校に通うことを決めたそうです。その時はまだ、プランナーになる・ドレスや会場のコーディネーターになりたいという、はっきりした目標は無かったそうです。むしろ、結婚式の世界にもあらゆるジャンルがある事すら知らなかったそうです。それはそうですよね。まだ式も挙げてもいない娘が、式場の内部の事なんて知る由もありません。ただザックリと式場で働きたい。という夢だけでウェディングの専門学校に進んだのです。でも、いざ入学し、様々なことを学ぶうちに、どんどんウエディングの魅力に惹かれていったそうです。

同じ志を持った仲間。色々な性格の子はいるけれど、みんな人を喜ばせる事が大好きな子ばかりで、クラスメイトの誕生日をサプライズで行おうと、みんなで計画を立てたりと、勉強以外でもとても楽しく過ごせたと、今でも目を輝かせて話してくれます。色々なコースがある中で、全てを体験する事が必須で、体験した中から、自分が本腰を入れたいコースを決めるというスタンスの学校だったそうです。そうしたちょっとした経験が、就職後でも、一緒に働いている他の方の苦労が分かって良いそうです。無事に内定を頂き、働き出した友だち。ドレスコーディネイト専門を希望していたのですが、初めから就けるわけではなかったそうです。まずは1年、下積みとして式場や披露宴会場のスタッフをし、それからドレスコーディネイトに配属されました。込み合う時期は目が回るほど大変だったけど、やはりそれも他のスタッフの気持ちを分かるための大切な経験。それに、先輩のドレスコーディネイトも学べたよ。と話していました。

忙しいけど、ゲストや新郎新婦の幸せそうな表情をみると嬉しくなる。一緒に創り上げてきたのが形になって、とっても誇れる仕事だよ。といつも話してくれます。これからも、たくさんの方が式場で誇りを持って働いてくれるのを楽しみにしています。

Copyright (C)2017ウェディングの専門学校の選び方.All rights reserved.