ウェディングの専門学校で学ぶことにマナーに関するものがあります。日本人以外への対応も必要です。

ウェディングの専門学校の選び方
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
ウェディングの専門学校の選び方

ウェディングの専門学校でマナーに関する資格

女性と男性がお店に入ろうとすることがあります。アメリカやヨーロッパにおいてはレディーファーストと呼ばれるマナーが知られています。男性が扉を開き、女性が入るのです。日本の場合、古くは男性のほうが何でも先に行うことが多かったです。でも経済大国として世界の一員として認められてからは海外の流れに沿ってレディーファーストで対応することが増えています。レディーファーストはすべての国で通じることではなく、女性に勧めると怒られるところもあります。

結婚式は新郎新婦、また新郎新婦の両家が招待客を招待する式になっています。新郎新婦は主役でありながら出迎えの役割も持っています。実際には式内においてイベントがありますからなかなかできないこともあります。式場の係員が対応することも多くなります。ウェディングの専門学校においてマナーに関する資格が得られる授業があります。新郎新婦に変わって対応するとき、他人ごとで対応してはいけません。最近では日本人以外の出席者もいてその人達への対応も必要になります。

マナーに関しては、日本でのマナーのほか国際的なマナーもあります。まずそれらの知識を得るようにし、実践できるようにします。知識として知っていても実践するとなると難しいのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ウェディングの専門学校の選び方.All rights reserved.