ウェディングの専門学校においては着付けを学ぶ必要があります。新婦や披露宴参加者の着付けのためです。

ウェディングの専門学校の選び方
検索フォーム

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

注目記事
ウェディングの専門学校の選び方

ウェディングの専門学校で着付けを学ぶ

和装をすると気が引き締まると言われます。確かに和装の人は姿勢がいいですし、美しく見えることがあります。ただしあまり見る機会はありません。着物に関しては着方があります。それを守らないとだらしなく見えることがあります。きちっと着こなせて初めて美しく見えるのです。あまり着ない人は着付けが出来る人にお願いするしかありません。お母さんの世代においても着物を着ていない人が多く、親に着せてもらうこともできないようです。

ウェディングの専門学校においては着付けの授業があります。洋装が一般的なので和装については学ばないと思うことがあります。色々なケースがあるためです。新郎新婦が洋装だとしても参加者は和装のことがあります。それらの人はどこかで着付けをしてきたのでしょうが、現場で乱れてしまうことがあります。それを直せるスタッフがいなければいけません。それほど頻繁にあることではないですが、知識としては必要になります。

メインとして使うのはやはり新婦の着付けになるでしょう。一般的な着物に比べると少し形も異なるので難しくなることもあります。着付けだけでなく、飾り付けなどもすることがあります。新婦に似合うもので行うのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ウェディングの専門学校の選び方.All rights reserved.